浪漫草紙

~生れる前の昔恋しき~

「月の裏側」

まだ「まひるの月を追いかけて」をまったり読んでいるというのに、後から読み始めた「月の裏側」を一気に読んでしまった。
「まひる」は前に読んだことがあったが、「月の裏側」は初めて読んだ。

月の裏側

月の裏側

Amazon

こんなに夢中になった小説は久々かもしれない。
これはなんや?なんや…?と気になって、ページを進めてしまう。
あんなに没入して読むことができるのなら、それで充分。
オチなんて期待していない、何もかもがすっきり解明される大団円なんて期待していない…と思いながら読んでいたが、本当にその通りだった。
何もわからないまま終わる…。
うん…没入して、しばし現実を忘れられるなら、それで充分…柳川をモデルにした町の雰囲気はいいと思うし、抒情的なノスタルジアを感じる。
「水の構図」という写真集も気になる、何より柳川が気になる。
「まひる」でもそうだったけど、柳川も行ってみたいという気になる。
読み終えてから、改めてカバーの絵をみると、掘割の水面の描かれ方が意味ありげに見えてくる…。

恩田陸は10年ほど前によく読んでいて、また、当時読んだことのある本(手放した)も含めて、最近何冊か買って、あと4冊控えている。
初めて読んだのは何だったのか、全然覚えていない。学園物は好みじゃないし、シリーズ化されているものも読んでいない、直木賞を取った作品だって読んでいない。今まで、どのぐらい恩田陸作品を読んでいるのだろう…。
主にブックオフなどの古本か図書館で読んだ。新刊や単行本を買ったことはないけど、今回、新刊書店で文庫本を一冊買った。「チョコレートコスモス」「中庭の出来事」(この二作は読んだ覚えあり)「木漏れ日に泳ぐ魚」「灰の劇場」の4冊。

何を描いてもうまくいかない日

何を描いてもうまくいかない日、ってことで

また拗らせをぶり返してしまって、今日も実物デッサンをいくつか描いてみたが、どれもうまくいかなかった(関係あるんか…)

久々に開いた橘小夢画集の序文にハッとする一文があった。

<明瞭で単純な美しさに、小夢はあまり惹かれなかったようです。
秘められた感情、心の暗がり、他人には知られたくない心、自分でも気づかずにいる本当の心…そういったものに、小夢は魅了される人でした>

秘められた感情…
他人には知られたくない心…
自分でも気づかずにいる本当の心…

小夢の絵は、見てはいけないものという感じ…綺麗だけれど、少し怖くて目を背けたくなるような…。

わたしもそんな表現(恩田陸作品にも通じるものがあるかも)に惹かれるし、自分でもそんな表現がしたい。

他人には知られたくない心を持て余してる。

今のこの拗れた、い゛~~っ!という思いを絵で表現できればいいのに。

昨日の「まひるの月を追いかけて」の記事で、ジメジメ、膜が掛かってモヤモヤした、スッキリしない作品といった、
膜とか、すりガラスを隔てたような感じ…何かを隔てないと外界を直視できないような、それがわたしの基本的なものの見方だと思う。

「まひるの月を追いかけて」~偏愛~

最近、寝る前に恩田陸の「まひるの月を追いかけて」を少しずつ読んでいる。

これは寝る前にちょうど良い小説だと思う、読むのが至福、自分で思っていた以上に、わたしはこの小説が大好きらしい。

続きを読む

アヒル~パフェのサンプル~

今日のモデルはラバーダック。アヒルちゃん。シャーペンで描いた。

陰のつき方とか、意外と興味深いモチーフかもしれない。

色鉛筆で描いても良かったけど、黄色を多用するとテカテカになりそうでやめた。

この前、通りがかったレトロな喫茶店のパフェのサンプルがあまりにレトロ可愛くて、写真に撮った。それ見て描いた、リアルさとか気にせず気楽に。

フルーツパフェらしい(700円)、下はメロンゼリー?もうこんなのも食べたいと思わなくなった。

わたしが初めてデッサンを習ったのは、アート系スクールの通信講座だった…なんてことを思い出した。

絵を通信で習うなんて、阿呆かいな、と当時でも思ったが、通う踏ん切りがつかなかったのだろう。発泡スチロールの立方体や球体や円柱などが送られてきた。(後で処分するの大変だった)

あれは今、思えば歯がゆかったな…百聞は一見に如かず…って思うな、このところのワークショップを体験して。

デッサン~玻璃壜二題~

別に絵のブログにしよう、なんて気はないけど、実物を見て描くことに打ち込みたい!と思うこの頃で、デッサン講座で受けた刺激もまだ一応持続していて、ちょっと続けようという気になっていて、今日も描いた。

やっぱり色鉛筆で描くほうが楽しい。昨日ほど描きがいなかったか。

左はリサイクルショップで買った一輪挿しで(実物通りの色がなかった…)、右は100均のインテリア雑貨のガラス瓶。
絵に関しては…うまくなりたいとは思うけど、自分に描けるように描くしかないと思う。
油絵もデッサンの講座も良い刺激になった。そんな場へ行くと、前は他の人と比べて、劣等感を感じて恥ずかしいと思っていたけれど、前ほどには何も思わなくなかった、思わなくなったからこそ行けるんだろう。この前のデッサンは周りを見てる余裕もなかったけど。

デッサン~マグカップ~

自分の好きなものしか描く気がしない…それならお気に入りの静物を、ということで、これも描きたくなった。

森修焼の白いマグカップ。

昨日のイッタラのコップは色鉛筆で描いたが、これは白だから鉛筆で。

 

 

今日は30~40分ほどか。

くさくさしていたから、かなり筆圧強めに描いた。暗い部分を黒く黒く…と鉛筆を動かすのは気晴らしになるかもしれない。